五十肩に効く薬のおすすめ特集@口コミ評価が高いのは?

五十肩に効く薬のおすすめ特集@口コミ評価が高いのは?

五十肩と間違えてしまう肩の病気

 

50歳近くになってくると、五十肩になってしまう方が増えてきますよね。そんな五十肩ととてもよくと似ている肩の病気があるのをご存知でしょうか。

 

1つめは、肩峰下滑液包炎というものです。肩峰下滑液包炎とは、肩先にある肩峰と上腕骨の間に存在します。まるで水枕のような役目を担っている部位です。この部分というのは、血管や神経がとても多い場所ですので、ほんのちょっとでも故障してしまうと、すぐに痛みを感じてしまいます。滑液包そのものが炎症を起こしてしまったり、腱板が切れてしまい滑液包内にある液体が漏れ出てきたりすると痛みを感じるようになります。

 

60歳前後の人によく見られるもので、老化現象のひとつと捉えてよいでしょう。どうやって治療していくかというと、とにかく安静にして、炎症鎮痛剤を使って、理学治療とステロイド注射等を行なっていきます。

 

2つめは腱板炎というものです。腱板が段々と擦り減ってきてしまい、肩関節に痛みを感じるようになったり、運動制限が起きてしまいます。腱板が切れてしまうと手術しなければならなくなります。また、切れるところまではいかなくても炎症が起きている状態となります。どちらかというと若年層の方に多いようですね。40歳代の方々に一番多く見られるようです。高齢の方であれば、寝返りした際、腱板が切れてしまうこともあります。

 

治療方法は、五十肩と良く似ています。ステロイドや麻酔薬を局所に注射すると効果があらわれやすいです。運動療法などは行わない方いいでしょう。また、炎症鎮痛剤などはあまり効かないようです。長期にわたって症状が続くようでしたら、肩峰の切除が必要となってくることもあります。

 

五十肩の治療や予防について

 

五十肩の治療というのは、痛みを抑制する消炎鎮痛薬と肩の動きを回復させていく体操、この2本柱が重要となります。五十肩というのはかなり激しい痛みを伴うので、多くの場合、治療というのは薬で炎症や痛みを抑えていくことから始まるでしょう。

 

そして次に、肩関節を動かすような体操を続けていくという2つの柱により行われていきます。通院するのは、痛みがひどいうちであれば週に1〜2回、その後については1ヶ月に1回ぐらいのペースとなります。 薬は炎症を抑えてくます。痛みを和らげる「非ステロイド性消炎鎮痛薬」や「ステロイド薬(副腎皮質ステロイドホルモン)」などを用いることが多いでしょう。

 

消炎鎮痛薬にはとてもたくさんの種類があるようです。痛みの強さや患者さんの体の状態等をよく観察し、適切な薬剤を選びます。消炎鎮痛薬には吐き気がしたり胃の痛みを感じたり等、副作用が出るものもあります。でも、それについてはそれほど神経質になる必要はありません。消炎鎮痛薬で一番副作用というのは、吐き気や胃痛といった胃腸障害でしょう。

 

長期投与が続けば、肝臓や腎臓にかかる負担も大きくなり、様々な障害が出てくる可能性もあります。ですが、五十肩にといては短期間での使用となることが多いため、胃の粘膜を保護するための薬(胃炎治療薬、消化性潰瘍治療薬)を同時に処方することにより、副作用にも対処していくことができます。夜も眠れないくらいのひどい痛みが生じた場合は、薬を用いることにより、ずっと楽に寝ることができるわけですから、迷わず薬を使いましょう。

 

五十肩の痛みを和らげたい

 

五十肩になってしまった時の激しい痛みは本当に大変なものです。なんとかしてその痛みを和らげたいものですよね。五十肩になりたての急性期であれば、冷やしてあげたり痛み止めを服用したりします。慢性期になったなら、筋肉をほぐしてあげて、血流を良くしてあげます。これらのことを行なう際のポイントとして、筋肉を温めて、その上でマッサージをしていきます。これらのことを守っていくと、尚一層効果が上がるようです。

 

筋肉をマッサージしていく際のポイントですが、まず一番オススメなのは専門医や整体師の方にマッサージをしてもらうことででしょう。でも、なんとかお金をかけずに自分自身でマッサージをしたいものです。その際、マッサージのポイントとしては、いきなり肩を触ったりせずに、最初は背中や腕から始めていき、徐々に肩側へと手を動かしていくことです。素人だとどうしても力加減が分からずに、強くマッサージしてしまう危険があります。もしもそういったことに不安があるならば、たださすってあげるだけでも効果があります。

 

たださするだけでは不安を覚える人もいるかもしれませんね。でも、このさするという行為は、ご自身が思っている以上に効果があるのです。さすってあげることにより、痛みの抑制システムというものが活性化されていくのです。五十肩の痛みを発生させているのはとても細い神経線維というものなのですが、そこから、脳へと痛みを伝達する仕組みになっています。そこで、触ったりさすったりすることで、太い神経線維を刺激することになり、細い神経線維からの信号を防御できるという仕組みなのです。

 

五十肩を治すために体幹を鍛える

 

体幹という言葉を知っているでしょうか。ヨガをされている方でしたらよくご存知ですよね。私たちが正しい姿勢でいるために、とても深く関係しているのがこの体幹にある筋肉なのです。

 

体幹というのは、骨格の中心となっている背骨を支え続けている筋肉のことをいいます。体幹にある筋肉が鍛えられてくると、わき腹部分もよく伸びるようになってきます。上半身の側面部分のリンパの流れが良くなっていき、拘縮の改善や予防といったことにも効果があるでしょう。そして、最終的には肩甲骨や肋骨のも柔軟性が高まり、姿勢の悪さを改善していくのです。オリンピック選手たちも、競技が始まる前になると、この体幹トレーニングというものを行っています。そうして体のコンディションを整えていくのです。とても即効性の高い方法ですよ。

 

私たちが日頃から正しい姿勢をキープしていくためには、4つの体幹筋肉が重要となります。腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜です。

 

体幹を鍛えていくために、なにか簡単な方法はないのでしょうか。ここで効果的とされるのは、実は深呼吸なのです。なかでも、吸う時の動作については、体幹の筋肉を発達させていくためにとても重要です。赤ちゃんの頃から、母乳を吸う際にお腹を大きくへこませて、腰が据わるために必要な体幹筋肉を発達させているのです。スポーツトレーナーたちも、子供の体を鍛えていくために、間食の際には吸うタイプのアイスクリームやシェイクを与えているという人もいるようです。

 

五十肩を治す方法とは

 

五十肩、そして四十肩という言葉があります。年齢を重ねていくと、嫌でも直面してしまう症状といえるでしょう。この2つの違いというのは、発症する年代が違うという点だけになります。その症状や原因だけに限らず、処方してもら薬や病院における治療方法、注射の種類、リハビリの際の体操やストレッチなども共通しているのです。

 

私たちはついつい五十肩と言ってしまいますが、正確にいうと『肩関節周囲炎』という病名になるようです。そして、五十肩や四十肩ととても症状が似ているもので、『腱板断裂』という病気もあります。こういった診断については、肩関節専門の医師でないと判別することが難しいため、専門医に相談することが必要となります。素人判断による五十肩の断定はとても危険です。

 

五十肩とは、何か特別な誘因などはないようです。痛みについても、動かした時に痛く感じるものから、動かしていなくても痛いと感じてしまうものもあるようです。そのまま放置しておいたとしても、ただ痛くて動かせないだけとなってしまうので、治療が必要となります。痛みを抑えていくためには、注射や薬等を用いることとなります。

 

それでは、五十肩の痛みの原因とはいったい何でしょうか。それは、肩関節内の炎症と肩関節を包む筋肉がかたくなってしまい、肩を動かせる範囲が狭まってしまうことによって起こるようです。そのような状態になってしまうのは、肩を使い過ぎたことだといわれているのですが、あまりはっきりとはしていないようです。

 

キシリトールガムの効果的な食べ方?

 

虫歯菌の発生を抑えてくれるメカニズムがある、キシリトールが含まれているガムの効果的な食べ方ってあるのでしょうか。何より重要なことは、1日の摂取量目安をチェックする必要があることです。

 

糖アルコールの一つとなっているキシリトールは虫歯を起こさない甘味料としていろいろな食材に含まれています。キシリトールが含まれたガムには、トクホに指定されているものもありますが、ガムを噛んでいるだけでは効果を十分に発揮することが出来ない場合もあります。メーカーや商品によりキシリトールの含有量は違うので、指示通りの個数を食べないと効果を発揮することが出来ないのです。

 

摂取量については、商品ラベルに1日の摂取量目安と記載されているので確認するようにして、摂取するようにしましょう。1回に2粒を5分噛んで、1日に7回を目安としている場合には、1回2粒×7回=14粒となり、1日14粒食べきることがおすすめできます。

 

キシリトールは様々な食品に含まれているのですが、その含有量が大切で、含有量が多ければ虫歯予防効果も高くなるといわれています。実際に、朝起きて歯磨きをして出かけるのですが、昼は歯磨きをする環境がないという場合もありますし、おやつなどを食べた後に、すぐに歯磨きをするということが出来ない場合もあります。そんな人にはさらにキシリトールガムを取り入れることにより、虫歯を予防することができると思います。

 

おすすめはこちら 虫歯予防に有能な歯磨き粉は?

 

蜂の子で育毛する

 

髪の毛が少なくなったり、細くなってくると、それだけ頭皮を覆う髪の毛が心細くなってくるものです。ですから、できるだけこの髪の毛を健康に保つ必要があります。育毛や発毛においては、髪に栄養を与え、毛髪を強くすることが大切で、また頭皮を健康的に保ち、そして血行をよくすることが求められます。

 

髪に栄養を与える上でしっかり考えておきたいのは、髪はタンパク質でできているということです。ですから、しっかりタンパク質を補給することです。具体的には、タンパク質を作るためのアミノ酸を摂取し、そして髪やホルモンの生成に関わる鉄・銅・亜鉛をしっかり摂取しましょう。

 

そのために有効な食品が蜂の子です。蜂の子は蜂の幼虫のことですが、良質なタンパク質を豊富に含み、鉄・銅・亜鉛の3つのミネラルも豊富です。また、血行を促進したり、代謝を高める効果もありますし、体の免疫機能を向上させる働きもあるので、まさに育毛・発毛に必要な要素の大部分を含んでいるのです。また、抗酸化作用も高いため、頭皮細胞の老化を防ぎ、健康な髪が生えやすい状況を作ります。

 

そうは言っても、そういった蜂の子を摂取したらすぐに髪が伸びるのではありません。髪の生育はあくまで自然なサイクルの中で行なわれますから、急に伸びることはありません。ですから、しっかり毎日蜂の子の成分を摂取する必要があります。季節に左右される食材ですから、年間を通して入手するのは難しく、ここでサプリメントの登場となります。サプリメントなら年間を通して品質も数量も安定して入手することができますから、育毛サポートとして非常に有効なのです。

 

耳トラブル 蜂の子のサプリは?

更新履歴